AKB48じゃんけん大会の優勝者を予想(2015年第6回目)


じゃんけん、それは運でも実力でもない。

それは・・・・・「八百長である」by TAKUYA

 

ファンである僕がいうのもどうかなとは思うんですが、

AKBのじゃんけん大会って100%八百長ですよね。

いや、100%というのは言い過ぎかもしれません。

優勝者だけが最初から決まっていて、

それ以外のメンバーはガチで戦うわけです。

 

そう考えると優勝者とあたった人は不運ですよね〜

どんなに頑張ったって、100%勝てないんですから(笑)

もし、間違ったとか言って、出すのを変えたら、

運営から徹底的に干されるんでしょうね。

干されるどころか、スキャンダルをねつ造されてクビになるかもしれません。

スポンサードリンク

じゃんけん大会がやらせ大会と化した経緯は?

 

そもそもなんでAKBのじゃんけん大会がやらせになったかというと

記念すべき第1回大会で、まったく無名な内田眞由美

というメンバーが優勝し、センターになったとこにあります。

 

まあ、当時はAKBがようやく握手会作戦が功を奏して

シングルがミリオンを達成して軌道に乗っていて頃でした。

 

最初にミリオンを達成したのはBiginnerという

PVで「首がああなってふさわしくない表現だ」と話題を呼んだPVの曲です。

カラオケに行ってもこの曲だけPVが入っていないんですよ(泣)

 

そのあとに、じゃんけん大会で選抜メンバーを決めたシングル

チャンスの順番」が発売されましたが、売り上げはわずか70万枚でした。

理由は言うまでもなく、ファンが好むメンバーが選抜にいなかったからです。

 

あっちゃんが15位、こじはるが4位とかろうじて二人

有名なメンバーが選抜に入れましたが、

音楽番組のMCやトーク、また雑誌の取材では当然ながら

センターの内田がスポットライトを浴びます。

 

しかし、残念ながらファンも一般の人も

そんな映像を望んでいなかったので(笑)、

初代じゃんけん大会のシングルは一般の人どころか

AKBのファン自体もそっぽを向いてしまいました。

まあ、ぼくもそっぽむきましたね〜

 

運営側もCDの売れ行きが悪くて焦ったのか

途中からテレビではほとんど前田敦子を映すようにしました。

最初からそうしてれば、もうちょっと売れたんじゃないですかね〜

 

それで運営側は反省して、センターを最初からメジャーな子に決めることにしました。

それ以外は勝手にやっていいよ〜見たいなかんじですね。

2回目から優勝者を見てみると、

まりこさま→ぱるる→じゅりな→みるきー

みーんなメジャーなメンバーで、誰でもセンターを安心して任せられます。

 

今年のみるきーはソロデビューなのでちょっと例外ですが

麻理子様、ぱるる、珠理奈に関しては、

普通のシングルでフォーメーションを考えたとき、

ダブルセンターなら文句は言われないでしょうが、

一人でセンターとなるといろいろバッシングを受けやすいとも言えます。

 

そういった子を、運営が無理矢理単独センターにできる

年に1度のチャンスがじゃんけん大会なのです。

だから、じゃんけん大会とは、

メンバーにとってのチャンスというよりは

運営に撮ってのチャンスなのです。

 

 

スポンサードリンク


 

 

2015年のじゃんけん大会の優勝者は?

 

ということで、さんざん前フリが長かったですが、

2015年のじゃんけん大会も既に誰が優勝するかは決まっている訳です。

だから、今回は誰が優勝するかを予想します。

 

優勝できる条件は

・センターを任せて大丈夫

・1人でミリオンをとれるであろうほど人気がある

・運営から気に入られている。運営が推したい。

これらを満たしている必要があります。

 

今回は候補を3人選びました。

 

1 山本 彩 (NMB48

2 横山 由依(AKB48)

3 松井 玲奈(SKE48)

 

僕が考えた今年の優勝候補、1番目はさや姉です。

NMBでは常にセンターを守ってきましたが、

AKBでセンターになったことはありません。

でも、かわいいし、優等生だし、体系もすばらしいし、何でもできるし

AKBのファンも実はさや姉がAKBでのセンターに立つのを望んでると思います。

 

運営としても、さや姉が大阪の仕事は元気なのに

東京だと静かになる現象を克服してほしいと思ってますし

それにぴったりのいい機会になるんじゃないですかね。

 

 

次に候補に挙がったのはゆいはんです。

じつは一番の本命かな?と思っています。

というのも、たかみなが卒業予告をして、

総監督の後任にゆいはんが指名されたじゃないですか。

 

総監督であるからには、AKBの若手メンバーを

いろいろ言い聞かせたり、指導していく必要があります。

特に毎年オーディションで新しく入ってくる研究生は

中学1年生だったり、時には小学生だったりします。

そんなほんと子供みたいなというか、子供が入ってくる中で、

いきなり総監督になったってどうすればいいかまったくわからないですよね。

なので、じゃんけん大会をすれば若い研究生が何人かは選抜に入るので

総監督の予行演習というかたちで、センターになる可能性が高いです。

 

 

3人目はれなひょんです。

運営に嫌われてるわけじゃないけど、

常に珠理奈が優遇されてる中で、ファンに支えられてきました。

秋元康も「SKEの真のエースは松井玲奈」なんていうぐらいです。

(それでも秋元康はじゅりたんにご執心です。

板野にDear J(親愛なるじゅりな)なんて言う曲歌わせちゃうぐらいですから)

 

玲奈も常にSKEのダブルセンターとしてSKEを引っ張ってきましたが

AKBのセンターに立ったことはありません。

去年はNMBの2番手のみるきーが優勝したんですから、

今年はSKEの2番手のれなを優勝させたって誰も文句は言わないと思います。

 

ということで、2015年のじゃんけん大会は

・さや姉

・ゆいはん

・れなひょん

 

この3人に注目ですよ!

AKB関連の記事ほかにも書いています!

よかったらご覧ください。

・たかみなはすぐに卒業すべき

・スキャンダルなんかじゃない!乃木坂が紅白を逃した真の理由とは?

・さくらたんは心労が多い悲劇のヒロイン

・AKB48選抜総選挙順位予想2015

・村上文香はアナウンサーになってもいじめられるだけ

スポンサードリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です