ニャーKBwithツチノコパンダ【アイドルはウーニャニャ】の特典はメダルと握手会とミニライブ


妖怪ウォッチのパロディネタって面白いですよね。

僕はロボニャンの「I’ll be back」のセリフが大好きです。

元ネタのターミネーターと違って、自分の勝手で消え去っていくだけなんですが(笑)

 

孤独のグルメのネタをしたり、ピンクレディのUFOをUSOで使ったり、

スターウォーズをぱくって、マスターニャーダなんてのも出てきます。

「これ、訴えられないかな?かなりぎりぎりじゃないの?」

なんて思うようなネタが毎週のようにバンバン出てくるのが、

おとなが見てもおもしろい人気の理由だと思います。

 

妖怪ウォッチ零式という、アニメに出てくる時計のおもちゃは本当に大人気で、

定価が3500円ぐらいなのに、ヤフオクで一時期1万円以上もしました。

ちなみに僕の近所のトイザラスでは、

零式を買い求めて抽選に800人並んだにもかかわらず、

当選というか入荷は40個しかなかった時がありました。

僕の嫁も零式が欲しいと言いだしたので、

一緒に抽選に行ったのですがあえなく撃沈しました。

今はもうバンダイが一生懸命零式を増産してくれているので、

ヤマダ電機に余るほど売っていました。

 

妖怪ウォッチの話の中で、ニャーKBという国民的大人気アイドルグループがいます。

いかにもAKBをパクった感じで、衣装もAKBっぽいです。

ジバニャンは握手会に行ったことがあると行っていますが、

ジバニャンは地縛霊の妖怪なのでニャーKBのメンバーには見えないはずなんですよね〜

どうやって握手したんだろう〜?すごーく気になります(笑)

 

 

スポンサードリンク


 

 

メンバーはフレッシュだけど大物ぞろいの7人

 

そんなパクリ設定アイドルニャーKBですが、なんと本物のAKBとコラボしてしまいました!

メンバーは

・島崎 遥香(しまざきはるか)

・松井珠理奈(まついじゅりな)

・宮脇 咲良(みやわきさくら)

・木﨑ゆりあ(きざきゆりあ)

・加藤 玲奈(かとうれな)

・川栄 李奈(かわえいりな)

・小嶋 真子(こじままこ)

の7人です

 

ニャーKBの絵を見る限り、センターがさくらたん(宮脇咲良)に似た感じの女の子で

その両横に珠理奈とぱるるがくる感じですが、

イベントの写真を見るとぱるるがセンターなんですよね〜

こればっかりはPVが出るまでのお楽しみですね。

 

まだまだ詳細が発表されていない、ニャーKB with ツチノコパンダですが、

妖怪ウォッチのアニメのシングルとなると、メダルとか特典が気になりますよね。

今日はまだ未発表の特典の部分を僕が予想しちゃいま〜す。

スポンサードリンク

握手会は当然開催!希望は写メ会!

 

AKBのシングルなので、やっぱり握手会は当然ながら開催されるはずです。

妖怪ウォッチとのコラボなので小学生のファンとかも増えると思うんですよ。

そしたら、ぱるるは小学生相手でも塩対応するのかな〜?なんて考えちゃいますよね(笑)

まあ、だれにでも関係なく、公平に塩対応するのがぱるるの長所なので、

小学生どころか3歳児でも塩対応してくれると思います。

 

それよりも、希望は写メ会ですよ!写メ会!

せっかくのネコミミの衣装なんですから、

珠理奈と一緒に「ニャー 」ってしながら2ショット取りたいですよ。

最近急上昇しているさくらたんがどんな対応してくれるかも楽しみですし。

絶対かんなちゃんより、さくらたんの方が可愛いと思います!

環奈ちゃんは画像は可愛いけど、動いているとそこまでという気が・・・・・

それより、動いていても止まっていても可愛いさくらたんの方が僕は好きです。

スポンサードリンク

メダルはニャーKB?それともデレデレしてるジバニャン?

 

妖怪ウォッチのシングルと言えば、限定のメダルがついてきます。

我が家にも、嫁がCD買った時につきてきたブリー隊長のメダルとかがあります。

 

今回のCDにはニャーKBメンバーそれぞれの限定メダル

全部で7種類をランダムでつけてもいいんじゃないかな〜なんて思ったんです。

でも、よくよく考えるとニャーケービーはアイドルであって妖怪じゃないんですよ(笑)

そう考えると、メンバーのメダルじゃなくてジバニャンがメロメロになってて、

目がハートになっている絵柄のメダルなんかがつくだろうと思います。

 

 

握手会だけじゃない!ミニライブのチケット付き!

 

アニメのタイアップだけするなら、AKBはわざわざコラボなんてする必要はありあません。

ただ、シングルを出して、OPかEDに起用してもらえばいいだけですからね。

それをわざわざユニットを組んで、コラボして売り出すということは、

 

新たな客層=小中学生の獲得を目指していると思います。

小学生の時点でAKBにはまってしまえば、そのまま中学・高校まで追いかけますから、

長い期間AKBはまだまだ活躍できるということになります。

 

小学生が握手会に申し込むのは、会員登録などいろいろあるのでハードルが高いです。

親に手伝ってもらうにも、たった5秒の握手会のために、

面倒くさい手続きをやってくれるとは 到底思えません。

親が手伝ってくれるとしたら、会場まで一緒に行くぐらいだと思います。

なので、握手会のように手続きが必要なものではなく、

中学生以下と保護者限定のミニライブのチケットを入れるんじゃないかと思います。

スポンサードリンク

DVDにはPVはもちろんのこと、振り付け動画に川栄vsゆりあのバカ対決も

 

DVDはPVと振り付け動画は必ずつくでしょう。

これを見て、幼稚園とか小学校の先生が早めに練習をしておいて、

運動会でみんなでやるんでしょうね。先生もたいへんですね〜

これだけでも、十分ファンを喜ばせてくれる特典満載だと思いますが、

AKBファンからみると、今大人気の妖怪ウォッチに便乗しただけだと思われて、

今回のユニットを気にしない人も出てきてしまいます。

 

せっかくのAKBファンをここで逃すのはもったいないです。

そこで、僕からの提案ですが(笑)、

川栄とゆりあでおばか対決するのはどうでしょう?

小学生向けに、「こんな馬鹿になっちゃだめだよ!勉強しようね」

というメッセージが込められた感じでどうでしょう?

名古屋から静岡に行くのにパスポートなんていらないよ!

1000の読み方はワン・テン・テンじゃないよ!って教えてあげましょう。

 

AKB関連の記事はこちらもおすすめです。

よかったら読んでみてくださいね。

 

・AKB48選抜総選挙順位予想2015

・村上文香はアナウンサーになってもいじめられるだけ

・たかみなはいますぐ卒業すべき

・AKB48とはニート撲滅団体のことである

スポンサードリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です