どっきり総選挙でマジ切れした山本彩こそ、AKB48のセンターにふさわしい


みなさん、どっきり総選挙みましたか?

さくらたん可愛かったですね。

ほっぺたぷくーってふくらまして表情豊かでした。

「なんで私の初センターのシングルでこうなるの!ぷくー」

って思ってたんでしょうね。

 

ネタバレをして、号泣したメンバーも入れば、

こじはるとか指原みたいに笑ってた子もいました。

そんななかで、一人だけ、山本彩だけが不機嫌そうな顔をしてました。

握手会で勇気あるファンが直接聞いたみたいですが、

やっぱり、さや姉は怒っていたみたいです。

 

まあ、ファンの中でもこのことには賛否両論のようですが、

「アイドルなんだからカメラが回っているんだから笑顔でいるべきだ」

こんな感じで、否定的な意見が多く見られる気がします。

 

でも僕は、こんな不機嫌な顔をしていたからこそ、

さや姉は今後のAKB48を背負うメンバーにふさわしいと思います。

今日はそのことを記事にしたいと思います。

 

 

スポンサードリンク


 

 

さや姉があのときなんで怒っていたか考えてみた。

 

ほとんどのファンはこのことをしてないと思うので、あえて僕は考えてみることにします。

そもそも、どっきり総選挙はいつ撮影したのかな〜?なんて考えてみたんですけど

希望的リフレインの発売日が11月20日で、

その売り上げをさくらたんが気にしてたということは

それよりもちょっと前の10月下旬から11月上旬ですね〜。

 

年末に書けて紅白歌合戦の出場がかかるものすごく大事な時期です。

たかみなはAKBの総監督なので、スキャンダルの発覚となれば

AKBグループ全体の出場に影響が出てしまいます

さや姉はNMB48のセンターとAKB48の兼任・選抜メンバーとして

AKBグループ全体を引っぱっています。

 

お姉さん気質で、後輩からの相談もたくさん受けたことでしょう。

それはもう、NMBだけじゃなくAKBの後輩メンバーのぶんの

心のケアもあったと思います。

そういうことを一生懸命頑張ったと思うんですよね。

 

きっとさや姉の頭の中にはこんな構想があったはずです。

「これからNMBがSKEを超えてAKBを戦うところがみえてきた」

それなのに、たかみなのスキャンダルによって、

AKBグループすべてが解散してしまう恐れもあります。

 

今はアイドル戦国時代と言われていて、

いつどのグループが消滅してもおかしくありません。

そんな中で難波が東京に下克上をかます光景は

ファンとしても見ていて面白くない訳がありません。

それでグループ全体がどんどん盛り上がっていくのを

さや姉はきっと考えていたんだと思います。

 

これからリーダーとして、一メンバーとして

やりたいことがまだまだたくさんあったと思うんです。

それができなくなる・・・・・

 

そんな悲しみを押し殺してメンバーのケアに

1週間も一生懸命あたっていたのに、

それがただのどっきりでした〜

なんて言われたら本来怒るのが本当ですよ。

 

つまりは、さや姉があのとき不機嫌だったのは

それだけグループ全体の発展を本気で考えていたからです。

むしろ、怒らなかったメンバー全員が

本気で今後のことを考えていなかったとも言えます。

 

ぼくはさや姉に兼任ではなく、AKBに完全移籍してほしいです。

そして、ゆいはんが総監督を終えた後に第3代総監督として就任してほしいです。

NMBはどうするかって?

みるきーがいるじゃないですか。大丈夫ですよ1トップで(笑)

 

完全移籍は無理でも、総監督3代目、そしてAKBのセンターとして

さや姉には活躍してほしいです。

 

AKB関係の記事はほかにもいろいろな意見を書いています。

・さくらたんは心労が多い悲劇のヒロイン

・AKB48選抜総選挙順位予想2015

・AKB48とはニート撲滅団体のことである

・2015年の成人式は小嶋菜月に注目

・ニャーケービーの特典はメダルにライブに盛りだくさん?

よかったらごらんくださいね

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です