インフルエンザは潜伏期間でも接触したら感染してうつるのか?

去年の出来事ですが、僕の職場の先輩が

インフルエンザにかかって仕事を1週間休みました。

「迷惑かけてごめんね」と言ってくれた先輩をみて

なんて大人な人なんだ!大人の対応ってかっこいいな

と思いました。

 

ところで、その先輩はインフルエンザで休む前日に

「ちょっと子供が2人ともインフルエンザにかかっちゃってヤバいんだよね。

徹底隔離する対策はとってるんだけど、うつるときはうつるからなあ」

そういいながら、職場で体温を1時間ごとに計っていました。

結局その日は職場発熱することはなく大丈夫だったのですが

深夜になって急に熱が出てたとのことでした。

 

先輩は僕の隣の席ですし、一緒に仕事をしたり

車で外回りに出かけたりしていたので、

「自分もうつっちゃうんじゃないかな?」

なんてちょっと心配になりました。

(結果的には大丈夫でしたが)

 

ところで、インフルエンザってどのタイミングで感染するか知っていますか?

恥ずかしながら、僕はぜんぜん知りませんでした。

それでも、今後生きていく上でインフルエンザは

毎年必ず流行するものなので、いい機会だと思って調べてみました。

 

 

スポンサードリンク


 

 

感染するのは発熱直前から3日間!

 

調べてみてびっくりしたのが

インフルエンザは高熱がでる瞬間までは、

周りへ感染する力がないということです。

 

つまりは、先輩の体内にインフルエンザのウイルスが潜伏していたとしても

熱が出るまでは、くしゃみが出ても、せきをしても、

ほとんど感染しないということです。

 

しかし、注意したいのは

発熱してから3日間ほどはウイルスが感染力を持っていることです。

インフルエンザにかかったときでもタミフルを飲めば

たいてい1日で熱が下がってしまいます。

 

これは熱は下がったかもしれないですが、

インフルエンザが完全に死滅したわけではないです。

これで、自分の体調が良くなったからといって

外に遊びに出かけてしまったり、

同僚に迷惑をかけてしまって申し訳ないと思って

職場に復帰してしまうと、逆に周りにうつしてしまうんですよ。

 

絶大な威力を誇るタミフルをもってしても、

ウイルスを完全死滅させるには5日かかると言われています。

時々、インフルエンザにかかったら1週間休みなさい

という規則がある会社もあるようですが、

周りへの感染防止を考えたら、これぐらいした方がいいのかもしれません。

 

僕だったら1週間仕事を休んだら

仕事が山積みになってないか心配で1日も早く出勤したいですが

そんな気持ちを押さえて、年末にため録りした番組を見ることにします(笑)

 

 

大切なのは予防!手洗い・うがい・消毒

 

今回調べた内容から、潜伏期間中の人と接触したからといって

インフルエンザが自分にうつってしまう可能性はほとんどない

ということがわかりました。

 

でも、よくよく考えてみると流行する時期は街中すれ違う人が

ウイルスを持っていたり、熱が出ているのをわかってて出歩いたりしています。

特に毎日のスーパーなんかは、食材を買うために、

高熱の中、頑張って買いにくる主婦や一人暮らしの学生さんもいると思います。

 

それらの人からの感染を防ぐためにも、出歩くときには必ずマスクをする。

返ってきたら手洗い・うがい・消毒を

いつも以上に徹底的にするということが必要ですね。

 

インフルエンザにかかったら何日間職場を休む必要がある

といった 法律ってあるのかな?

と思って、こちらの記事で調べて紹介していますので

良かったらご覧くださいね。

・インフルエンザの出勤停止期間は?法律は?

 

新型インフルエンザにかかったとき、

僕はとても症状が軽かったのですが、

友達はかなり重症だったみたいです。

ふたりの明暗を分けたたった一つのポイントとは?

・新型インフルエンザの症状と重症化する人としない人との違い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です