ガゼットのルキは英語の歌詞が言えてないところが可愛い


僕が大好きなのに、このブログで紹介してないなぁと

今日突然思い浮かんだのが、the GazettE

 

僕は10年前の15歳の時にガゼットにはまり、髪を伸ばし、

見た目はヤンキー・中身は優等生の道を歩き始めました。

今思い直せば、よくあんな髪型で大学の推薦入学に受かったもんだ(笑)

 

そんななかで、ガゼットの中でも、一番のあこがれだったのが

ボーカルの「ルキ」です。ちなみに漢字表記で「流鬼」と書きます。

ということで、今日はガゼットのボーカル

「ルキ」について紹介したいと思います。

スポンサードリンク

ルキとはガゼットのボーカルで作詞担当である。

 

・ルキはガゼットのボーカルで、歌詞も全部ルキが書いています。

うーん╮(ਊ◞‸◟ਊ|||)╭なんか普通の紹介だな。

これじゃウィキペディアと変わらないな。

みんなが知りたいのはこういうことじゃないよね。

ってことで、次

スポンサードリンク

ルキが書く歌詞はたいてい倫理委員会に引っかかる

 

むかしORANGE RANGEが流行ったときに、

この歌詞テレビで放送していいのか?って思ったけど、大丈夫でした。

つまり、レンジのレベルなら倫理委員会にも引っかからないんです。

 

それなのに、過激すぎるからダメって、

引っかかるような歌詞を書いちゃうルキはとっても素敵です。

それでしょうがなく、いつも英語に直して再提出します。

当然和訳を出せって言われるので、いつも適当にごまかしています。

 

しかし、これはルキのごまかしのテクニックがうまいわけではなく

ただ単に英語の文法がめちゃくちゃなので、

倫理委員会の人が理解できないだけです。

 

これを、「倫理委員会すら騙せる俺かっこいい☆

みたいに思い込んで、インタビューで自信満々に答えちゃう

カワイイ姿がルキの魅力です。

 

 

スポンサードリンク


 

 

Circle of swindlerという曲があるんですが、

コレも倫理委員会に引っかかった曲の一つです。

和訳すると、「俺たちは社長のコマじゃねえ!」

って感じの歌詞です。

 

文法はめちゃくちゃなんですが、

英語でも多少緩く書いてるんですよね。

実はこれ社長じゃなくて、もっと偉い人

(総理大臣とか、大統領とか)

にあてて書いた歌詞だとしたら・・・・・

いやぁ、おルキ様しびれますぅ。

スポンサードリンク

ルキは英語の発音が良いと自分で思い込んでいる

 

ルキは自分の英語の発音が良いと思い込んでいます。

そんなおるきさんの発音をお聞きください。

 



 

出だしの歌詞は「I have a headache.」です。

和訳すると「頭痛がする」です。中1でもわかりますね。

発音的にはアイハヴァヘデェィクです。これも中1でも言えます。

 

でも、ルキの発音は何回聞き直しても、「アイハバケデイク」です。

それ以外にもしょっちゅう間違った英語の発音をします。

なので、カラオケでガゼットの曲を歌おうとして、

英語の歌詞をまじめに歌ってみると、ルキと全然違うんです。

 

最初はルキの発音が正しくて、僕の発音が悪いのかな?

と思って、当時英語の先生に聞いたんです。

そしたら、ルキの発音がおかしいことが判明しました。

 

それなのに、作る曲のタイトルは英語ばっかり。

歌詞も倫理委員会に引っかかって英語ばっかり。

結果、間違った舌ったらずの発音ばっかり。

なんて素敵なんでしょう。

これで自信もってヨーロッパツアーに行っちゃうところが可愛いです。

男から見ても可愛いです。

 

 

ルキはコリラックマで、プギャプギャ言うのが可愛い。

 

コレについては、僕はよくわかりません(笑)

でも、嫁と付き合い始めたとき、

コリラックマのぬいぐるみを持ってきて

これ、るったん。ぷぎゃっぷぎゃ言うのが可愛いんだよ

おい、Takuya。ヘドバンしてみろよプギャー」

ってやってました。

 

これがゼッターの中でメジャーなことなのか

それとも僕の嫁だけなのか正直わかりません(笑)

ちなみに、キイロイトリがれいたで、

コリラックマなルキと常に相思相愛だそうです。

僕は残念ながら、このあたりの目線を持っていないので

これで興奮する嫁がよくわかりません(笑)

まあ、僕のアイドル好きも許してもらっているので、

そこら編はお互い様だと思っています。

 

ちなみに先日、ガゼットのライブに連れて行けと

嫁に言われたのでチケットを取ろうとしたところ

すでにFC先行が終わっていたのですが、

なんとかこちらのサイトから取りました。

はぁ、一安心(笑)

 

ということで、今日はウィキペディアにも絶対載っていない

ルキのプロフィールを書きました。

おいおいメンバー全員を書いていきたいのでよろしくお願いします。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です