E-M5_markⅡのレビュー。wifi対応はかなり便利

スポンサードリンク


OM-D E-M5 MarkⅡは名機確定です!!

 

今日とあるところで、僕が使っているE-M5の後継機

E-M5 Mark2を触ってきたんです。

 

すごいですよ〜。

触った瞬間に一目惚れしちゃいましたもん。

今まで愛していた初代E-M5ちゃんに申し訳ないと

一ミリも思わないくらいの一目惚れでした(笑)

 

今までミラーレスは軽くてなんぼだ!

E-M1なんて重くて使ってられるか!

今までそう思っていたのに、概念を覆されました。

なんていうか、「所有感を満たされる1台」みたいな感じです。

今日はそんなE-M5 Markⅱのレビューを書きたいと思います。

スポンサードリンク

AF速度はCanonの70D以上

 

オートフォーカスが初代に比べてめちゃめちゃ早くなっています。

確実にライバルの70Dは余裕で超えてる感じですね。

E-M1には理屈的には及ばないんですが、

体感的にはそんなに変わらないかな〜という感じでした。

 

僕が持っているM.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 の

単焦点レンズをつけさせてもらいました。

レンズが同じなら、オートフォーカスの速度も

変わんないだろうなと思っていたのですが、

いい意味で裏切られました。

 

実は初代E-M5+45mm F1.8だと、

僕の可愛いカワイイハムスターを捕るために、

なかなかピントが定まらなくて苦労していたのですが

動き回るハムスターも一発でぴったりはまりそうです

愛くるしい姿を一発で取れるなんて素敵すぎます。

 

 

スポンサードリンク


 

 

初代からの最大の進化:wi-fi対応して使いやすくなった。

 

実は一番進化したのは、センサーでも手振れ補正でもなく

より使いやすいカメラになったということだと思います。

 

wi-fiに対応したので、パソコンに取り込むために

わざわざSDカードを取り出す必要がなくなりました。

 

このSDカードを取り出すって言う作業がすごく面倒くさかったんですよね。

パソコンに付属しているSDカードリーダーってすぐ壊れるじゃないですか(笑)

 

僕は今までパソコンを1、2、3、4、5台ぐらい買いましたけど、

内蔵のSDカードリーダーが壊れなかったことがないです。

そのたびに外付けのSDカードリーダを買うんですが、

いざ使うときになると、どこにしまったか分からなくなってしまい

「あ〜、もういいわ。今度にしよう」って思っちゃうんですよ。

そして、パソコンに取り込むのを忘れて、

写真のデータすらどこにあるか

分からなくなってしまうということがよくあります。

 

それが無線LANを介してwi-fiでパソコンに取り込めるようになれば

SDカードリーダの心配もする必要がないので楽チンです。

スポンサードリンク

wifi対応でスマホにもすぐ送れる!

 

さらにwifi対応したことによって、

撮った写真をiPhoneなどのスマホに、すぐ送れるようになりました。

 

今まではE-M5で撮った写真をパソコンに取り込んで

それから、Dropboxに入れたり、メールで送ったり、

iTunesで同期したりといろいろ面倒な手順が必要でした。

 

それが、直接スマホに送れるようになったので

ディズニーランドに行ったときも

まるでプロが撮ったような夢の国の写真を

一瞬でfacebookやTwitterにアップして自慢することが出来ます。

 

今までスマホじゃうまく撮れずに

ブレブレだったシンデレラ城のライトアップも

世界一のカメラマンが撮ったような、

まばゆい光景をアップすることが出来ます。

 

ホント欲しいです。

この文章を売っている間にどんどん物欲が湧いていきます。

そして、E-M5 MarkⅡを持ってディズニーランドに行きたいです。

価格はなかなか下がらないことが予想されるので、

さっさと買っちゃおうかと思います(こちらの値下がり予想を参照)

ちなみに、もちろん僕はプロなので単焦点レンズしか使いません(笑)

さて、僕は初代E-M5を売りに出す準備をしてきますね☆

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です