スイフトrsを限界まで値引きする方法。あと5万円安く

車を買うのってほんと大きな買い物ですよね。

僕が新車のスイフトRSを買ったときはわずか23歳で

150万のローンを組んで買いましたからね(((( ;°Д°))))

 

それでもって、スイフトRSの値引きは本体価格から

地方で15万、都市部だと20万と言われています。

僕の場合は、スズキのディーラーに言った瞬間に

一発で20万引くと言われたのであっさり目標達成してしまいましたが、

場所と担当者によってはこの20万引きというのが難しいようです。

 

今日は新車のスイフトRSを20万引きで買うための交渉方法と

プラスαの方法で、さらに5万円安くする裏技を伝授しちゃいます。

 

 

ステップ1:スズキのディーラーを複数店舗まわって見積もりをもらう

 

まずは基本中の基本、ディーラーから見積もりを貰います。

これがないと始まりません。

3店舗ぐらい回ってれば、15万の値引きぐらいはスグ出てくるはずです。

ここで僕がよくやるテクニックは、

「●●店は20万引いてくれるって言ってたんだよね〜」

とハッタリをかますことですね(笑)

 

何としても契約を取りたい場合は値引きに応じてくれますし、

店としてノルマが達成できていれば応じてくれないでしょう。

ここで、値引きしてもらいやすい店舗がすぐ分かると思います。

 

 

ステップ2:ライバル車の見積もりを貰う

 

ステップ1で目標の20万に到達しなかった場合、

ライバル車(今回の場合はヴィッツ、マーチ、フィット)

の見積もりを貰いにいきます。

このときももちろんハッタリ作戦でいきます。

 

例えばトヨタに見積もりを貰いにいった場合

「今スイフトとヴィッツとフィットで悩んでて、

本当はヴィッツがいいんだけど、金額的にスイフトが安いからな〜

しかも20万も引いてくれるって言ってるんですよね〜

なかなか金銭的に厳しいんですよね・・・・・

でも、本当はヴィッツに乗りたいんです!なんとかなりませんか?

というような感じで

 

ライバルメーカーとしても、

うまく取り込めれば自分のお客さんに出来るので

本気で値引き額を出してくれます。

時々とんでもない値引額が出てくることもあるので

その場合はそっちに決めちゃってもOKです。

とりあえず、ライバルメーカーから

20万の値引きを引き出せればこっちのものです。

 

 

スポンサードリンク


 

 

ステップ3:もう一度スズキのお店へ

 

ライバルメーカーから20万の値引きの見積もりを持って

ステップ1で行ったスズキのお店へもう1度行きます。

「う〜ん。15万しか引いてもらえないならヴィッツにしようかな〜

スイフトより広いしなあ、安いならスイフトにするんだけどなぁ。

店長さんとちょっとだけ相談してくれると嬉しいなあ꒰ू๑͒•౪•๑͒꒱

という感じで話を進めればたいてい行けますね。

 

スズキのお店としても、このままじゃ客を逃がした上で

ライバルにお客さんを譲ったことになるので、

必死に頑張ってくれますよ☆

 

 

ステップ4:さらに5万円安くする裏技

 

正直ステップ1〜3の内容は、

他のサイトでもよく見ることだと思うんですね。

家電一つ買うにも、ライバルメーカーや他店と見比べますよね?

それと同じでコレくらいのことは基本中の基本なんです。

 

さらにここから車を安く買うにはどうすればいいか?

この裏技がこの記事の本題です。

 

①車庫証明代をカット

車の見積もりにはいろいろカットできる部分があるんですよ。

その中の1つが車庫証明なんです。

 

車庫証明を取るのっていろいろと面倒くさそうですが、

警察署に書類を提出するだけなので

往復3時間もあれば余裕で出来るんですね。

もちろん自分でやればその分タダなんですが、

それもそれで面倒くさいですよね?

 

なので、この部分を最小限の費用にしましょう。

 

「この車庫証明って、やっぱ自分でやんなきゃこれだけかかりますかね?」

 

「ええ、まあ書類の作成に半日、提出しにいくのに半日ですから、

やっぱり1万円はかかってしまいますねえ」

 

「そうですか〜。前自分でやったんですけど

書類は30分で出来ましたけどね(笑)」

 

「まあ、早ければ1時間でできますね(苦笑)」

 

「警察に提出に行くのも、一度に何十人分も一気に出しますよね?」

 

「ええ、まあそうですね〜。そのほうが効率的ですし。

うちの職員の負担も少ないですからね」

 

「だったら、この部分1000円ぐらいでできないですかね?」

 

「ええ?それは無理ですよ!せめて5000円は貰わないと」

 

「じゃあ、5000円でお願いします」

 

こいいう感じで、あっさり5000円カットできます。

 

 

②納車代をカット

 

これはお店に車を取りにいけば0にできます。

何かの都合でどうしても取りにいけない場合でも

交渉すればここはすぐ1万が0になります。

 

 

③バイザー、フロアマットを安いものに変更

 

これはやってくれるところと、駄目な店舗があるので要相談です。

バイザーやフロアマットって、純正のものってすごく高いんですよ

image

 

 

こんな感じでただSWIFTって書いてあるだけなんですがね(笑)

image

 

これを純正じゃなくていいから安いのにしてと相談すると

金額が1/3になるんです。(納車された後からこの話聞きました(笑))

 

納車代、車庫証明代、バイザー・マット代

これらをうまく浮かせられると5万円ほど安くなります。

特にバイザー、フロアマットの情報は

教えてくれるところが少ないので参考にしてくださいね☆

 

2016.3.20追記さらに!スイフトを値引きして買う方法を発見しました!

それは・・・・・・・

下取り額をアップすることです。

 

ディーラーで新車を買うときに

「普通だと下取が20万ぐらいなんですが、

今週中に決めてくだされば30万にしますよ」

なんていう営業マンもいます。

 

ところで、その30万というのは、

本当に適正で妥当な価格なのでしょうか?

実は、あなたの車の本当の価値は20万でも30万でもなく

実は40万だったり、50万だったりすることもあります。

 

まずはこちらの中古車査定サイトで

自分の車にどれくらいの価値があるのか確かめてみませんか?

 

かんたん車査定ガイド
 

 

僕の先輩はこのサイトを使って自分の車の適正な値段を調べて

その価格を持って行ったらディーラーがその分値引きをしてくれたそうです。

僕はスイフトを買った当時こんな裏技があったなんて知りませんでした!

もっと早く知っていればな〜

 


 

今回は僕が買ったスイフトRSを例に話をしました。

ちなみに、ヴィッツRS、フィットRSと比べてスイフトRSに選んだ理由は

・フィットRS、ヴィッツRS、スイフトRS本当におすすめなのは?

をご覧ください。

 

また、もし運転が苦手ならばスイフトよりソリオやキューブなどの

四角い車の方が運転が簡単で、すれ違いや車庫入れでヒヤヒヤしなくてすみます。

運転が苦手な人へおすすめのコンパクトカーBEST3

 

購入してから1年以上経ったので、スイフトRSのレビューを書きました。

燃費は17km/lぐらいで良好ですよ☆

・納車から1年。スイフトRSをレビューする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です