UQmobileはMNP弾として使える?費用を計算してみた


僕は今減らして減らして18回線保有しているんですが、

そのうち9回線がdocomoなんですよね(笑)

だから結局その他が少ないというか、偏ってるというか。

今はYmobileがまさかの0ですよ!

 

docomoの9回線のうち、3回線は今月末で90日になるので

切断型でYmobileに撃とうかなと思ってるんですが、

そうするとdocomoの音声枠が3回線空くんですよね。

そうなると、せっかく枠があるのにもったいないじゃないですか。

 

枠があるなら入りたいということわざがあるように、

今のドコモが投げ売りしまくっている間に

できるだけ撃ちこんどきたいんですよね。

どうせdocomoは6月なんて何もやらないんですから(笑)

 

でも、docomoに撃つにも弾がない!

auも90日回線しかない!

ソフバンも90日回線しかない!

う〜ん。こまったなあ

そこへ、とある悪魔がささやきました

「弾がないなら作ればいいじゃない」

 

最近はmineoUQmobileといったKDDI系列のMVNOが出ています。

docomoに撃ち込めるのがとっても便利です。

mineoの記事はたくさん見たんですが、

UQmobileについては見当たらなかったので

今回僕が記事にしたいと思います。

 

 

スポンサードリンク


 

 

UQmobileはMNP弾として使える?

 

まず疑問に思ったのが、

「UQmobileってMNP弾になるのか?」

ということです。

 

なんせ、【UQmobile MNP弾】でググっても出てこないんですよ。

出てこないものこそ調べてみよう\(☆o◎)/

携帯乞食暦5年のTakuyaも最近参入した人に比べれば

もうベテランの域に達したと言ってもいいはず。

だからTakuya頑張りますね(笑)

 

で、結論としてUQmobileはMNP弾として使えます。

ちょっと初期費用が高いですが使えます。

 
初期手数料3000円
違約金(12ヶ月以内)9500円
転出事務手数料3000円
基本使用料(日割り)1680円
ユニバーサルサービス料2円
17182円
消費税1374円
合計18556円
 

ということで約2万しますが、弾にできます。

スポンサードリンク

ドコモのiphone6plusに撃った場合、利益は出るか?

 

ドコモのiPhone6Plusに撃った場合に

利益が出るか算出したいと思います。

現在僕はZ3compactをデータ化していますので

購入サポートで8ヶ月(10月まで)のあいだ

飛ばせないし、解約も出来ないんですよね。

なので、10月になったらデータ化する算段です。

 

月サポが2850円(税抜き)なのでデータプランに移行すれば

1700+300+500-2850=-350

と月々の料金を減らすことが出来ます。

それか、いい案件があったら撃っちゃってもいいですしね☆

ということで8ヶ月の維持費と6Plus購入費を算出します。

 

iPhone6Plus購入費
iPhone6Plus本体10000円
事務手数料3000円
コンテンツ5個*2ヶ月3000円
16000円
消費税1280円
合計17280円
 

iPhone6Plusの購入条件は

U25あり、家族複数あり、おかえりなしの場合です。

 

毎月の維持費(1台あたり)
カケホーダイ基本料2700円
spモード300円
シェアパック500円
月々サポート-2850円
ユニバーサル料2円
652円
消費税52円
合計704円
 

とうことで毎月維持するのにかかる費用は704円です。

費用全体としてかかるのは
MNP弾費用18556円
端末購入費17280円
8ヶ月間維持費704*8=5632円
合計41168円
1台かかる費用は41168円ですね☆

 

iPhone6Plusの売値は64000円ですので(2015.3.15現在)

1台あたりの利益は64000-41168=22832円ですね。

それが3台なので66000円の利益が出ることになります。

おお、いいですねコレやりましょう!

今回は弾を持っていなくても、UQmoobileやmineoで

ガンガン弾を作れば利益が出ることが分かりました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です