握手会(握手券)の譲渡は家族でもNG!運営は何のための規約なのか最精査を


最近、会いたくて会いたくて震えるので

乃木坂46の白石麻衣ちゃんに会いに

名古屋へ握手会に行ってきました。

 

今回は初めて嫁と一緒に行きました。

以外と夫婦やカップルで握手会に来る人も多いので

大勢の男の中で一人女になって浮く心配も全くありません。

 

それで、今まで握手会なんて自分一人で行っていたので

詳しい規約なんてよく知らなかったんですね。

握手券の偽造はもちろんNGですが、転売もだめです。

 

でも、「まあ本人の家族ぐらいいいだろ〜」

名字も住所も一緒なので、コレぐらいはいいんだろうなと

そんな気持ちで嫁と個別握手会に行ったのですが

本人以外の人はだれであっても駄目ですとのこと。

 

ということで、

今日は握手会の規約を振り返ろうと思うので

これからはじめて

AKB48、SKE48、NMB48、乃木坂46の握手会に

カップル・夫婦で行かれる場合は参考にしてください。

 

そして、運営はこんな弱小ブログを読んでいないと思いますが

僕は、家族への譲渡を認めた方が運営としてもプラスになると思うので

きょうはそのことを書いていきます

スポンサードリンク

転売・偽造を防ぐための身分証明書での本人確認

 

個別握手会では、握手券の転売・偽造を防ぐため

身分証明書を提出して本人確認をしています。

(全国握手会は本人確認はありません)

 

これは人気メンバーはすぐ完売してしまうので、

転売ヤー(バイヤー、せどらーともいう)が買い占めて

ヤフオクで高値で取引されることを取り締まっています。

 

これは

【本当に握手会に行きたいファンが行けなくなるのを防ぐ】

という素晴らしい目的があります。

 

定価1枚1000円の握手券が、1枚5000円でしか手に入らないのなら

握手会に行く気すらなくなってしまいますよね。

 

そうするとファン離れがどんどん加速していきますので

運営がこういったことを取りしまるのは非常にいいことだと思います。

スポンサードリンク

第三者への譲渡禁止も理解できる。でも家族まで禁止するのはいかがなものか?

 

握手会の規約をみるとこのように書かれています。

 

この個別握手会参加券の転売行為、購入者以外の第三者への譲渡、コピー、偽造は固く禁止致します

 

譲渡禁止というのも確かに運営として正しいことだと思います。

「転売じゃなくて、ただ貰うだけならいいじゃん」

と思うかもしれませんが、

実際には転売で入手したけれども、

口では「貰っただけ」と主張することも出来ちゃうわけです。

 

これを認めてしまうと、実質的には転売を認めたことになり

そうなるとせっかくの身元確認も意味をなくします。

それで人気メンバーの握手券はヤフオクに流れ、

いずれはファンが疲れて離れてしまう

という最悪のシナリオを防ぐためにも、

譲渡禁止というのも運営としては当然の処置だと思います。

 

で・す・け・れ・ど、

家族へすらも譲渡禁止っていう制度はいかがなものでしょうかね?

今回僕がちゃんと規約を読んでいなかったので、

それは確かに僕が100%悪かったです。

それなのに、家族だからいいだろとかそういう話ではないです。

 

家族というのは、生活で最も基本ベースとなるものです。

家に帰って、奥さん・子供と過ごす時間が楽しければ、

毎日の仕事だってやる気が出ますし、

家族のために今日も一日頑張ろう!という気になれます。

 

それで家族で仲良くするためには

家族内で同じ趣味を持つということが大事だと思うんです

息子と父親が一緒にゲームして楽しんで仲良くなったり、

娘と母親が一緒にお菓子作りをしたりと

そうやって一緒に楽しいことがあることが絶対に必要なんです。

 

そして、家族ってほかの誰よりも一緒に過ごす時間が長いですよね?

だから下りかけのAKBグループ、上りだした乃木坂46ともに、

ファンを広げていくには家族という枠を

取り込でいくという発想が必要だと思うんです。

 

モー娘。の出だしがまさにこの方法を考えていて

個性的なダンスでおしゃれな中学生女子のファンを捕まえて

そこからお姉ちゃんの女子高生に広げて

知名度が上がったらテレビに出して、一気に男性ファンを獲得する。

これが今の20代以上が知っている、

ゴマキがいた全盛期のモー娘。のストーリーです。

 

それで、僕と嫁の場合は2人ともヲタク気質なので

アニメも好きだし、フィギュアも好きだし、アイドルも好きなんですね。

嫁の場合は、まゆゆとかゆきりんの方が好きだったんですが

毎晩1時間肩もみをしながら乃木坂の動画をみて洗脳させて

今ではまいやんが1推し、まっつんが2推しです。

 

運営はおそらく、どうやって個別に新規客を集めるか

ということしか考えていなくて

新規客を、既存客から広げることを

おろそかにしている感じにも見受けられます。

 

ただの25歳の若造が何運営を語ってんだ?

と言われるかもしれませんが、

これからもAKBグループ、乃木坂46が生き残っていくためには

絶対に必要になることだと思うので、今回は意見を書きました。

 

ぶっちゃけ僕は完全に乃木坂推しなので、

乃木坂さえ残ってくれればいいですが(笑)

運営は何を目的として、握手会の規約を設けているのか?

その考え方を一度精査された方がいいのではないかと思います。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です