地震の停電に備えてモバイルバッテリーは3つ買おう!


こんにちは、東北震災経験者のTakuyaです。

今日は9月1日の防災の日にちなんで、

東北の大地震で経験したことをお話ししたいと思います。

 

僕は地震があった時、盛岡にいました。

盛岡は海と面していないので、

特に津波の被害というものはありませんでした。

スポンサードリンク

アパートの壁紙に亀裂が走る

 

揺れも確か震度6弱か6強だっと思いますが、

アパートが古かったので、ミシミシと音がして、

壁紙に線が入りました。

 

1階の部屋に住んでいたので、

机の下にかくれながら

崩れたらどうしようと怯えていたのですが、

とくに崩れたりしなかったので良かったです。

 

僕が受けた被害は、

オーブンレンジのターンテーブルが

真っ二つに綺麗に割れてしまったことぐらいで、

それいがいの損害は特にありませんでした。

 

ちなみに、その電子レンジも

過剰に温めてしまう傾向にあり、

一度オートモードで温めたら

容器が溶けてしまったことがあり、

いい機会だったので買い替えました。

スポンサードリンク

幸いなことに、水とガスはついた

 

水道管は無事で、水は確保できました。

さらに、当時僕が住んでいたアパートは

プロパンガスだったので、

お湯を沸かすこともできました。

 

これが、水も出ない、ガスもでないじゃ

どう暮らしていけばいいのかわからなくなってしまいますが、

幸いパスタの買い置きがあったので、

しばらくはそれで過ごしました。

 

当然ながら、都市ガスの家庭は

ガスが止まってしまうので、

カセットコンロとガスボンベは

一瞬でスーパーや電気屋さんから姿を消していました。

 

僕はプロパンなのに、押し入れにはガスボンベもあり、

2重のガス使いとして孤独に生きていました。

 

ちなみに地震が収まった後、

水が出るのを確認したので、

とりあえず空いているペットボトルやら

水筒やら、お風呂やらに水溜めましたね。

いつ、何が起こって

水が足りなくなるかわからなかったですからね。

 

結果としては取り越し苦労だったのですが、

取り越し苦労で終わってよかったなと思います。

 

そんな感じで、水も出る、ガスも出る。

津波の心配はない。

それだったら生きていく上で不自由しないんじゃないの?

そう言われるとそれまでなのですが、

僕はそれでも気が滅入りそうでした。

スポンサードリンク

暗闇の中で3日間たったひとり

 

地震が怒った後、停電が起こったため

携帯はまったく繋がりません。

仲のいい友達はみんな実家に帰省してしまっていて、

特にすることも無く、僕はずっと一人でした。

 

実家にも連絡できず、

どこもかしこも停電で真っ暗でした。

下手にライトで照らして外に出歩いて、

バッテリーが切れたら困るので、

ずっと真っ暗な部屋に引きこもっていました。

 

夜はほんと独りで特に何もすること無く

いつになったら電気が復活するのか?

そう思いながらも、当時もっていた

Creative Zenという、iPod Touchみたいな

動画プレイヤーだけが、

時間を潰してくれる心の支えでした。

 

しかし、その動画プレイヤーも

電池持ちはお世辞にも良いとは言えず、

一晩どころか、2、3時間で電池が

なくなってしまいました。

 

その後、二晩は暗闇の中、

気合いでなるべく早く寝て過ごしました。

気づけば停電から回復したので、

ほんと良かったです。

 

そのあとは、速攻で北海道の実家に帰りました。

北海道は節電の雰囲気も無く、

電気をバンバンつかっていて、

これほどまでに被災地と様子が違うものかと驚きました。

スポンサードリンク

スマホ全盛期の中、モバイルバッテリーは3つ買うべき!

 

東北の大地震が起こったとき、

僕はまだスマホもモバイルバッテリーも

持っていませんでした。

 

しかし、今はゲームも電話も

メールもLINEも音楽も

機種によってはラジオもテレビも

スマホ1台でこなすことが出来ます。

 

そのスマホはバッテリー何時間持ちますか?

 

停電が起こっても、テレビはずっと放送されます。

ラジオもずっと放送されています。

その情報をどうやって得ますか?

 

震災でぼろぼろになった心を

どうやって紛らわせますか?

 

僕はきっと、というか100%

スマホに頼ると思います。

 

でも、バッテリーはそんなに持ちません。

だから僕はモバイルバッテリーを4つ持っています。

常に2つは月に1度充電し直します。

それぐらい、僕はバッテリーって大事だと思っています。

 

スマホ依存症のTakuyaの

バッテリーに対する思い入れの話でした。

 

まあ、重い話はおいとても、

何かあった時のために

モバイルバッテリーは持っていた方がいいですよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です