バレーノはスイフトの後継じゃない!ていうかインドの車って大丈夫?


え?なんだこのバレーノって!!

スイフトの後継なの??

 

僕はCMを見た時思わず目を疑いました。

世界各地でスイフトが高評価を受けているスズキが

新型バレーノを売り出しているんですから。

 

スクリーンショット 2016-03-26 17.40.12
 

実は僕もスイフトRSのユーザーで生まれて初めて買った新車です。

なのでスイフト君にはかなりの思い入れがあるのですが、

「ついにスイフト終了でこのバレーノに切り替わっちゃうの??

でもバレーノかっこいい!!」

とかなり惚れちゃいました(笑)

スポンサードリンク

バレーノはスイフトの後継ではなく兄貴分!!

 

誰もが気になるところですが、

バレーノはスイフトの後継ではなく兄貴分になるようです。

スイフトより1ランク上のモデルということですね。

 

今回スズキがわざわざこのバレーノを販売するのにはある理由があるようです。

というのも最近は軽自動車の税率が引き上げられて、

軽自動車を持つメリットがだんだん減ってきています。

 

長時間走れば運転も疲れるし、

事故にあった時の危険度も高まるし、

低燃費性能は普通車だってだんだん高まって

スイフトだってリッター15kmぐらい走りますよ。

 

そういったことに軽ユーザーもだんだん気づいてきて

なかなか軽の売り上げが上がらないようです。

 

そんな中で、スズキは小型普通車を

10万台売ることを目標にしているようなのですが

スイフトやソリオが人気で8万台売れてるから

あと2万台売れれば目標達成です。

 

そこで新しいラインナップを増やして売り上げを増やそう!!

それがスズキの新車種「バレーノ」ということのようです。

スポンサードリンク

インドの輸入車でも大丈夫!その自身の理由は?

 

確かにこのバレーノ、めちゃめちゃかっこいいですけど、

インドからの輸入車です。

 

国で差別するのは本当は良いことではないのはわかっていますが、

「インドからの輸入車って聞いたらちょっと不安になりませんか?」

僕はちょっとそこで悩みました。

 

「うーん、インドか・・・・・ちゃんと走るのかな?

買って2ヶ月でエンストしたりしないかな?

すごく心配だ・・・・・」

 

そこでスズキのディーラーで聞いてみました。

 

「バレーノのCM見てすごく気になっているんですが、

調べたらインドからの輸入車ということで不安です。

大丈夫ですか?すぐ壊れたりしませんか?

 

 

「まあ、Takuyaさんが心配されるのもごもっともです。

他のお客様からそのようなことをよく尋ねられます(苦笑い)

しかしですね・・・・、そこは全く安心してください。

 

このバレーノはそもそも日本で開発をしているんです。

Takuyaさんがお乗りになっているスイフトRSと同じように日本で設計しています。

 

それで今度はヨーロッパでテストや細部の調整をしました。

車に関しては足回りがどうだのこうだの、

日本よりあっちの方がうるさいですからね〜

まあ、TakuyaさんのRSもヨーロッパ仕様ですし、

まあああいう感じにちょっと固めに仕上がってる

考えていただければよいかと思います。

 

生産はインドでやってますが、

これも問題ないですね。

品質検査は全台数日本人が行っています。

ここを怠ると我々の今後に関わりますから、

ここは熟練した日本の技術者に高いお金を払って海外へ派遣し、

安心して皆様にお届けできるものをお作りしています。」

とのことです。

 

なんかこれ聞いたら安心してめっちゃ欲しくなりました(笑)

そこへ追い打ちをかけるように、

TakuyaさんのRS下取りで高く買い取りますから、

バレーノ、どうですか?まずは試乗だけでも・・・・・」

と買わされかけました。

 

運良く嫁から電話がかかってきたので、

「すみません、ちょっと嫁が体調崩しちゃったようなので一度帰ります」

と言って逃げてこれたのでよかったです(笑)

 

ところで、3年乗ったスイフトは今いくらで売れるんだろうか?

それが気になったので今度調べたいです。

 

2016.3.28追記

自分のスイフト〇〇万でした!

この一括検索のサイトを使って調べてみました。

あなたも自分の車がいくらで売れるのか調べてみませんか?

かんたん車査定ガイド

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です