「様」と「さま」の違いってある?決まりがあるか調べてみた?


最近「さとうさま」って打つと、

「さま」がひらがなのままなことが多いんだよな〜。

これってひらがなでいいのかな?

 

bsSEP88_nomadocyu15221303
 

最近、仕事のメールで悩んでいることがあります。

相手に対して送る〇〇様は、

ひらがなが正しいのか、漢字が正しいのか?

ということです。

 

そもそも僕は、

〇〇様と漢字で送る方が正しいと思っています。

しかし、最近なぜか変換するとひらがなで変換されてしまうことが多く

後から漢字に打ち直して修正しています。

 

しかし、学生時代に登録していた派遣会社の上司の方から

「Takuyaさま」

とひらがなでメールが送られてきたことを思い出しました。

「なんだ、この人?ビジネスメールで

さまをひらがなで送ってくるなんて・・・・・」

って思っていました(笑)

 

ということで今日は、

メールの相手方は、「様」なのか「さま」なのか?

ということについて調べてみました。

スポンサードリンク


ビジネスでは様が主流!だが、ルールはない。

 

いろいろ調べてみましたが、

Aの時には漢字の「様」を使いましょう。

Bの時はひらがなの「さま」を使いましょう。

といったルールはないようです。

 

しかし、もともとこの「様」という使い方自体は当て字になります。

 

子供も本来は子どもと使うのが正しいのと同じように、

後付けでそれっぽく誰かがつけたものが

いつか主流になったということでしょう。

 

雰囲気とか誰が最初に「ふいんき」と呼んだんでしょうね?

むしろこれを正しくは「ふんいき」と

読むことを知らない人すらいることでしょうし、

世の中に流通してしまえば、

それが正しいものとして扱われます。

 

当て字なので、

本来の意味ならばさまと使った方が

より正しい意味合いにはなるのですが、

今の一般常識上、

ビジネスの世界では漢字の「様」を用いて、

親しい間柄では、ふんわり柔らかい感じを出すために

ひらがなで「さま」とすることが多いようです。

スポンサードリンク

距離を縮めたい時にあえて「さま」を使うのはアリ

本来はさまが正しいならひらがなで付き合いたいこところですが、

先ほどの雰囲気の話と同様に、

世間で一般常識といわれているものに合わせるのが無難です。

少なくとも僕は

「なんでメールの私の名前が漢字の「様」で、ひらがなになっていないんだ?」

と聞かれたことも、怒られたことも一度もありません。

 

ですので、

基本的には漢字の「様」を使い、

ある程度仲良くなった人には「さま」を使いましょう。

 

後輩に「さま」を使ってメールを送れば

それだけで、ちょっと柔らかい感じにもなりますし、

ちょっと複雑な年上の新人相手に送る時もいいかもしれないです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です