虫刺されしたのにかゆみ止めがない!そんな時にできる対策とは?


あ〜!また刺された!!

なんでいつも僕ばっかり刺されるのほんとかゆい。

うわあ!かゆみ止めがない!夜中の1時だしドラッグストアやってないよ・・・

 

そんなあなたに、身近なものを使って

虫刺されのかゆみをとめる方法をお伝えします。

 

蚊に刺されたら、すぐに薬を塗るのが一番ですが、

うっかり買い足すのを忘れている場合もありますよね?

そんな時にぜひ試してください。

スポンサードリンク

用意するのは食塩だけ!!

 

そうなんです。

必要なものは塩だけでOKです。

2016-05-14 11.54.17
僕は手のひらを刺されてしまいました。

もう最悪です。

かゆくて眠れたもんじゃありません。

2016-05-14 11.54.30
そこで塩を適量とり、

2016-05-14 11.54.36
刺されたところにのせます!

2016-05-14 11.54.40
ゴリゴリと塩を揉みこみます。

2016-05-14 11.54.50
気がすむまでやったらOKです。

 

2016-05-14 11.54.57
 

水で洗い流します。

2016-05-14 11.55.04
あら不思議?かゆみが治まりました!

とりあえずこれで一晩眠れそうです!!

スポンサードリンク

なぜ塩でかゆみがおさまるの?

一応これは緊急措置なので、

日が明けたらすぐに薬を買いに行きました。

やっぱちゃんとした薬の方が、腫れもすぐに引いていきますからね。

 

しかし、なんで塩でかゆみが治まるのか不思議だったので調べてみたのですが、

塩には脱水作用があるので、細胞に塩が浸透して、

かゆみとなっている部分を吸い出してくれるようです

 

まあ一応科学的にも問題ないということなので

家に薬がない場合はお試しあれ!!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です