吃音(どもり)は発達障害


自分がしゃべるときによくどもってしまうのは昔からわかってて、
自分が完全に理解していないことををほかの人に話すとき
特に目上の人に報告するときに
「あ、あ、あ、ああ、あの」
みたいになってしまう。
それがわかっていたから、就職活動の時は面接重視で対策をし、
考えた内容を何度も何度も口に出して練習して話せるようにした。
だけど、最近電話の受付で自分の課名を名乗るときにどもってしまうので、どうしたものかと思っていた

スポンサードリンク

継続的心理ストレスが原因

なんとなーく、これって発達障害なんじゃないかと思って調べてみたら、見事に照合!
(ちなみに参考サイトはこちら
心理的なストレスが継続的に発生して障害がおこるようだ。
僕の継続的なストレスといえば、
生まれたときから母親がエホバをやっていて、僕もそれに付き合わされたこと。
別に、宗教がダメだとか言いたいわけじゃない。
エホバの人たちは基本的にはすごくいい人たちだ。
だけど、小学生の時から知らない人や時々友達の家を一軒一軒訪ねて、勧誘活動をするなんて、僕はしたくなかった。
そんなことを12歳から18歳までさせられてたんだから、どもるようにもなるわけだ

スポンサードリンク

そこまで困ってないしまあいいか

だけど、別に母親を恨んだりはしていない。
反対はされたけど大学だって行かせてくれたし、そのおかげで結婚もできた。
このどもりがもっとひどくなるようだったら
病院に行って、訓練を受けようと思う。
だけど、今はそこまでひどくどもるわけじゃないし、
妻と話すときはどもらない。
上司に報告するときにどもるだけだ。
つまり、上司とももっと親密になれれば、このどもりもなくなるはずなんだ。
これはもっとコミュニケーション力を強める機会だと思って頑張るぞ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です