脳震盪の症状と3段階の危険度レベルとは?


大好きなスポーツ選手が頭を打って怪我をした!

 

そんなニュースを見たら、今まで素敵な笑顔を振りまいて

プレーしていた姿が大好きだったのに、

今後の選手生命は大丈夫かな?って心配になりますよね。

 

頭を強く打った場合、脳震盪という現象が起こることがあります。

脳震盪というのは、脳が急に揺れ動かされて起こる現象です。

最近ではフィギュアスケートの羽生結弦選手がスケートリンクに

頭を強くぶつけて脳震盪が心配されました。

 

コーチは脳震盪の心配はなく、

本人がどうしても試合に出たいといったから出したと言っていますが、

本当に脳震盪の心配はなかったのか、あの頭の傷をみたら心配になります。

 

ところで、さっきから脳震盪、脳震盪言ってますが、

それによってどういう現象が起こるのか、僕はよくわかっていません。

いったいどういう症状や、危険性があるのでしょうか。

今回は、脳震盪について調べたことをまとめてみました。

スポンサードリンク

方っておくと怖い脳震盪の症状

 

脳震盪の症状には短期症状と長期症状の2種類があります。

 

まず短期症状ですが

 

記憶喪失

・嘔吐

・頭痛

・錯乱

・頭痛

・視界がぼやける・二重に見える

 

などがあります。

これらの症状は、頭をぶつけた後、数分から数時間起こります。

時々不注意で頭をぶつけた時、5分ぐらい頭痛がするときがありますよね?

それが脳震盪の短期の症状です。

 

頭をぶつけたことにより、記憶喪失になるというのもよく聞く話ですね。

僕自身、10歳の時にタンスに頭を強くぶつけてしまったのですが、

自分がだれなのかきちんと分かるし、周りの人のことも覚えていたんですけど

頭をぶつけた時の記憶がさっぱりなくて、親に何度説明されても分かりませんでした。

何回も「本当に覚えてないの?」って聞かれましたが、

いまだに思い出せません(笑)

 

次に長期的な症状ですが

 

・注意力の散漫

・頭痛

・めまい

 

これらが数日間から数週間にわたって起こります。

 

頭痛やめまいが数日続くのはおかしいなと思ってすぐ病院に行くと思いますが

注意力が散漫になっても、最近集中力が落ちたなあ~、年かな?

と思って放っておきがちなので気をつけましょう。

スポンサードリンク

最悪は死に至るケースも!3段階の危険度レベル

 

また、脳震盪の危険度のレベルは軽度、中度、重度の三段階があります。

 

・軽度:意識はあるが、体が動かせない場合。

・中度:意識がなくなってから2分以内で目覚めた場合。

・重度:意識がなくなってから2分以上経過している場合。

 

 

格闘技の試合で、選手がダウンして、

そのあとすぐ立つというのは、脳震盪ではないのですが

今回の羽生君の場合、

頭をリンクにぶつけてから2分ほど立ち上がれなかったので

意識はあったけども、体は動かせなかった

=軽度の脳震盪だったんじゃないかと思います。

 

軽度の脳震盪であれば、24時間安静にしていれば大丈夫なのですが

軽度とはいえ、脳がダメージを受けているので激しい運動をしてはいけません。

 

また、ちょっと体が動かなかっただけだからと言って、

自分で車を運転して帰る人がいますが

これは絶対にやってはいけない行為です。

とっさの判断力が鈍っていて、飲酒運転と同じぐらい危険です。

必ず車を置いて代行やタクシーなどで帰りましょう。

 

中度以上の症状の場合は、脳に大きなダメージがありますので、

意識が戻ったから大丈夫だなんて思わないで、すぐに病院に行きましょう。

高度の場合は意識がなくなってから2分経ったら、すぐに救急車を呼びましょう。

1分1秒で後遺症がのこるかどうか、変わることもあります。

 

また、脳震盪を起こした後に心配なのが

セカンド・インパクト・シンドロームです。

すでに脳にダメージを受けている状態で、もう一度脳震盪が起こると

重大な後遺症が残ったり、最悪の場合死に至る可能性があります。

 

今回の羽生君が仮に脳震盪だったと考えると

脳がダメージを受けていて、体が思うように動かないはずです。

(実際4回転ジャンプで2回とも転んでましたし)

 

頭がフラフラな状態でジャンプをしても、着地はとても難しいです。

転んだだけで、再度頭を打たなくてよかったですが、

もし頭をまた打っていたら・・・・・と考えると、

コーチは断固として試合に出すべきじゃなかったのではないかと思います。

 

本人の意思を尊重したいという気持ちはわかりますが

レントゲンもとっていないのに、大丈夫と判断するのはいかがなものかと思います。

 

とにかく、しっかり休んで、また復帰してくれることを願っています。

 

羽生くん、脳震盪じゃなくて安心しました。

結果的に良かったとはいえ、

あまり無理はして欲しくないですね。

 

同じ脳つながりなのですが、

僕は夏になると毎日頭痛がして大変でした。

決まった時間になると毎日頭痛がして、

脳腫瘍か心配になってMRIまで撮りました。

MRIの結果・・・・衝撃の結果

本当に怖かったです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です