映画

神さまの言うとおり(映画)ネタバレレビュー



僕はポケモンをしたいのに、嫁が映画に行きたい!つれてけ!

とうるさいので一緒に映画を見に行ってきました。

 

映画のタイトルは「神さまの言うとおり」というもので、

同じタイトルの漫画が原作となっているようです。

僕は原作の漫画を読んだことはなかったのですが、

ちょっと調べた感じ、原作とは違う部分があったようですね。

 

せっかくゲームする時間とエネルギーを回して映画を見てきたので

今回はネタバレしながらレビューしたいと思います。

ちなみに、あらすじと登場人物についてはこちらの記事で書いているので

合わせて読んでみてください。

 

まずは話の全体の流れを理解するためにも予告編の動画をご覧ください。



 

いきなり首がぶっ飛んだりして、衝撃的な映像でしたね。

それでは予告編にそってネタバレレビューしていきます。

スポンサードリンク


1時限目:動いたらさようなら

 

普段どおりの授業をしていると、いきなり先生の首がぶっ飛びだるまが現れます。

だるまさんが転んだのゲームが開始され、動いた人物は死亡となります。

動いたら、なぜか顔が赤いビー玉になって破裂して死んでしまいます。

ほんとなんでビー玉なのかが意味不明なんですが、よしとしますか。

 

だるまさんが転んだをしながらだるまの後ろのスイッチを押せばゲームクリアです。

スイッチを押すときはクラスの中で主人公と友達の佐竹が生き残っていて

佐竹が馬になって、主人公がそれを飛び超えて何とかクリアできました。

しかし、スイッチを押した主人公の瞬だけが助かり、佐竹は死んでしまいます。

 

その後、別のクラスでゲームをクリアした幼馴染のいちかが教室に表れます。

いちかがスイッチを押してしまったことで

クラスのみんなが死んでしまったとパニックになっています。

 

しかし、だるまは間髪あたえず口を開きます。

「お前たちはねずみだ、もうすぐ猫が来る」

 

学校の外に逃げようと二人は校内を走り回りますが、

どこもかしこも締め切られて外に出ることが出来ません。

窓ガラスに消火器を投げつけて割ろうとしますが、びくともしません。

そんな中で唯一開いたのが体育館のドアだったのですが

逆に体育館に閉じ込められてしまいました。

 

体育館には校内で生き延びた生徒が集められているようです。

瞬といちかが体育館に来たことで全員集合したことから、

巨大な招き猫が出現し、2番目のゲームが始まります。

 

スポンサードリンク

 

 

2時限目:背中かい~の

 

2番目のゲームのルールは

巨大招き猫の首輪についているバスケットゴールに鈴をシュートすることです。

 

招き猫はものすごい勢いで人を捕食します。

恐怖の中で生徒たちが逃げ回りますが、バスケ部のエースが立ち上がりシュートします。

シュート完璧な弧を描き、そのままゴール

と思いきや、猫が手で鈴をつかみそれを阻止します

そして、そのままバスケ部のエースを殴って壁に突き飛ばします。

バスケ部のエースはそれで死亡。みな途方に暮れてしまいました。

 

実はこの時、体育館にはネズミの衣装が置いてあり、大多数が着用していました。

しかし、なんとそのネズミの衣装を着ている人間だけが猫に襲われていたんです。

 

ということで、みんな着ぐるみを脱ぐと猫はだれも襲わない・・・・・襲った!

ネズミがいなくなると餌がないので人間を食べるそうです。

 

そんな中で、主人公が着ぐるみを着ると、

猫に狙われるが猫の気持ちがわかることを発見します。

 

猫が発していた言葉はまさかの

「背中かいーの。だれかかいてほしいにゃん。かゆくてねむれないにゃん」

 

瞬といちかが主体となり他のクラスメートも一緒に招き猫の背中をかきます。

すると、招き猫はすやすやと眠ってしまいました。

 

しかし、その後一つの問題が発生。

だるまの時のように、シュートを入れた人間だけが生き残るのではないか?

ならば、誰がシュートをするか?

ということです。

 

瞬は、今回はみんなで背中をかいたからみんなで生き残れると説明しますが

周りはそんなの何が起こるかわからない。だから自分が入れると大ゲンカになります。

喧嘩をしている間に猫が起きてしまい、ゲームは振出しに戻ります。

 

しかも、残りの時間は2分しかなく、猫をもう一度眠らせるのは不可能です。

ここで瞬といちかははったり作戦に出ます。

ボールと鈴を布でくるみ同時にシュートします。

しかし、瞬がシュートする前にボールの表面が猫に見えてしまい、

いちかがシュートした方がはじかれます。

 

しかし、これこそが作戦で、鈴をバスケットボールでくるんでいたのです。

そのまま弧を描き、今度こそゴール!と思いきや、リングに当たって外れてしまいます。

誰もが悲嘆にくれたその時、

不良少年の天谷 武が現れ、こぼれた鈴をダンクシュートで決めます。

 

これで2つめのゲームは終了しますが、

招き猫から生き残るのは瞬、いちか、天谷の3人だと宣言されます。

 

残りの生徒は天谷が槍で刺し殺してしまいます。

天谷が殺したから生き残るのが3人だったのか、

超常的な力が天谷に働いたのかはよくわかりません。

天谷が殺さなかったら、猫が殺してたかなーとも思います。

 

今回の生存条件がちょっとよくわからないのですが

ボールではあってもシュートを打った3人ということが共通点かなと思います。

 

招き猫が白い煙を発生させ、3人は意識を失います。

気が付くと、白い正方形の大きな物体に閉じ込められていました。

3時限目以降のレビューに続く

スポンサードリンク



 

-映画

Copyright© Takuyaの最近気になること , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.